巻くだけダイエットを試してみました!【口コミ】

骨盤や背骨のゆがみのチェック方法

 

筋肉が小さく縮んで硬くなった結果、骨盤や背骨のゆがみなどの症状を引き起こします。そして、その状態が長く続くと、体が疲れやすくなったり、痛みが発生するなどの症状が出てきます。そうなると、血液やリンパの流れも滞るため、結果的に太ってしまうのです。

 

なので、巻くだけダイエットでは、骨盤を矯正するゴムバンドを使用して、骨盤などの骨のゆがみを矯正しながら、硬くなった筋肉を柔らかくし、体の様々な不調を改善するとともに、崩れてしまった体型を元の綺麗な状態に戻していきましょう。

 

それではまず最初に、今現在、体がどれだけ歪んでいるかをチェックしましょう。

 

 歩いているうちに、いつの間にかスカートが横に回っている。
 鏡で見ると、顔のパーツが左右対称ではない。
 最初は仰向けに寝ていても、すぐに横向きやうつ伏せになったしてしまう。
 靴底の内側と外側の減り方が偏っている。
 いつも生理痛がひどい。

 

以上の5つの項目のどれかに当てはまる人は、要注意です。なぜなら、体というのは、骨盤を中心として背骨でつながっていますから、骨盤や背骨のゆがみなどが発生していると、体全体に影響が出てきます。

 

1番の「スカートがいつの間にか横に回っている」のは、骨盤がずれているため、歩いているうちに、そのずれた骨盤に引っかかるようにしてスカートも回ってしまうのです。

 

また、3番の「すぐに横向きやうつ伏せになってしまう」のは、仰向けに寝ると筋肉自体が硬くなっているために、体は楽な姿勢へと向いてしまいます。

 

さらに、5番の「いつも生理痛がひどい」のは、骨盤がゆがむと内臓にも大きく影響します。その影響の1つが生理痛なのです。

 

そして、2番や4番などの症状は、骨盤や背骨が歪んでいるために起こる症状の1つなのです。人間の体というのを大雑把に言えば、骨格を筋肉で支えているだけです。なので、筋肉が衰えると自然と骨格もしっかり支えることができなくなってきます。その上、普段の日常生活や悪い姿勢などが影響して、骨盤や背骨の歪みが癖になってしまうのです。

 

そこで、巻くだけダイエットで使用するゴムバンドを筋肉の代わりに正しい位置にしっかりと巻いてやると、歪んでしまった骨盤や背骨なども元の位置に自然と戻っていきます。

 

このように、巻くだけダイエットのゴムバンドを使用し、日常的に正しい位置に巻いてやれば、骨盤や背骨の歪みなどの矯正とともに、それを支える筋肉の力も少しずつついていきます。